公益社団法人東かがわ青年会議所
Junior Chamber International Higashikagawa

東讃地域の地域活性化や青少年育成等の公益活動を目的とした運動を展開しています。
「持続可能な開発目標(SDGs)」を推進しています。

  • 0000525601.jpg
  • 0000345681.jpg

HOME ≫ 役員挨拶/事業活動 ≫

【地域活性化支援委員会 委員長】 西應  裕弥

 ここ東讃地域は瀬戸内国際芸術祭や高松空港の路線増加等を背景とした香川県全体の知名度向上・観光客増加による経済活性化の流れに十分乗ることができていない一方で、全国に誇る特産品や文化、歴史、産業に恵まれた、魅力溢れる地域です。地域で活躍する力を高め、地域の皆様と共に地域活性化事業を通じその魅力を県内外へ発信するとともに、東讃地域の魅力を再認識し、地域に恋した人々が共に日々自らを刷新することが必要です。
 
 まずは、東讃地域の皆様に地域活性化する意欲を高めて頂くために、我々の地域活性化事業の目的をホームページやフェイスブック、地域の方々にお会いして発信することで、多くの皆様に共感、参加して頂けるようにします。そして、東讃地域に目を向け、関わる県内外の人々を増やしていくために、他地域の大型イベント事業や、飲食店、宿泊施設等と連携して構築し、新たなコンテンツ内容を盛り込むことで、東讃地域の魅力をより一層知って頂き、その後も情報の共有を図っていきます。さらに、我々が地域に新しい風を吹かせる人財へ成長するために、若い人達が参画する地域活性化への取り組みを学ぶことで、地域と共に自己成長する意志を高めます。また、アカデミーメンバーを中心にしてクリスマス家族会を管理・開催していくことで、青年会議所運動、活動の基礎的な事業構築の方法を理解して頂き日頃迷惑をかけている家族に心から楽しんでもらいます。そして、東讃地域を活性化する力をより大きくするために、会員拡大を本部と連携、協力しながら進めていくことで、地域活性化に熱い思いを持って取り組む我々の仲間を増やしていきます。
 
 東讃地域のために尽力する青年経済人として活躍する高い意志に溢れ、地域活性化に向けて東讃地域の魅力の発信をメンバー一丸となって進めていく我々と、東讃地域への誇りを持ち地域活性化に参加、協力していく意欲を高めた人々が、共に日々自らを刷新します。

<事業計画>
1、まちと人の関係を構築する地域活性化事業の実施
2、アカデミーメンバーによるクリスマス家族会の管理
3、会員資質向上に向けた事業の実施
4、同じ夢を共有する仲間の拡大
 

【ひとづくり委員会 委員長】 阿部 良一

 近年、急激な情報技術の進展により、世界中の多くの情報を瞬時に入手することができるようになり、そのことは価値観の多様化を進め、一人ひとりが多様な生き方を選択することが可能になりました。このような時代において、お互いの価値観を認め合える機会を提供する我々と、今後どのような目標を持って生きていくのかを自分自身で考え、その目標に向かって行動する必要性を認識した人々が、共に日々自らを刷新することが必要です。
 
 まずは、価値観の多様化が進む社会の中で人々の多様性が共存できる環境を実現するために、公式訪問例会において人権に関する事業を行うことで、一人ひとりが多様性を尊重し合い、価値のあるものとして受け入れるようにします。そして、将来を担う東讃地域の子供達が未来を生き抜くために、体験を通じて自らが能動的に考えられる青少年育成事業を開催することで、自分の未来をイメージしその未来へ到達するための手法や考え方を身につけます。さらに、価値観が多様化する社会に対応できるようになるために、青少年育成事業の中で子供達が話し合う機会を積極的に提供することで、自然にお互いの価値観を認め合えるようにします。また、東讃地域における我々の運動を活性化するために、地域の若者と積極的に会い我々の活動の目的を伝えていく会員拡大の運動を行うことで、我々と同じ夢や志を持つ仲間の輪を今以上に広げていきます。そして、我々の運動をより質の高いものにするために、メンバーの一体感を生む事業を行うことで、メンバー一人ひとりのJC活動へのモチベーションを向上させメンバー同士の関係をより強固なものにします。
 
 情報化社会における価値観が多様化する時代において大量の情報が錯綜する中で、様々な生き方があり、そしてお互いの価値観を認めることの必要性を認識した我々と、自らの生き方を自分自身で決めて行動する必要性を認識した人々が、共に日々自らを刷新します。
 
<事業計画>
1.未来を生きる力を養う青少年育成事業の実施
2.公式訪問例会事業の実施
3.LOM一体感に向けた事業の実施
4.同じ夢を共有する仲間の拡大

2019年度組織図

2018年1月8日(月)新春互礼会

三本松ロイヤルホテルにて、2018年度の最初となる事業『新春互礼会』を開催いたしました。
200名を超える地域経済人の皆様や行政・関係各諸団体に多数ご参加いただき、新年の挨拶や2018年度理事長の松井辰憲より本年度の方針発表など有意義な時間となりました。

2018年3月9日 3月例会事業 「このまちを守る 異業種交流会」

プレッソ古川にて、3月例会事業「このまちを守る 異業種交流会」を開催致しました。
今回は財政破綻した北海道夕張市の再生を目指し、「夕張再生の会」を立ち上げ積極的に運動を行っておられる上田博和様をお呼びしてご講演頂きました。
「このまちを守るのは、君たち若者しかいないじゃないか!」
「できる、できないじゃない!やるか、やらないかだ!」
熱い思いが、講演を聞いていた皆様に届いたのではないかと思います。
講演後には懇親会を開き、上田様及びご参加いただいた皆様と交流を深めることができました。
上田様、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

2018年4月9日 4月公式訪問例会

2018年4月9日(月)、三本松ロイヤルホテルにて、4月公式訪問例会を開催致しました。
香川県立三本松高等学校野球部の日下広太監督に、「若者の活力を活かす組織マネジメント」と題して、現代の若者の特徴やモチベーション向上の方法などを語って頂きました。
ご参加頂きました皆様、そして日下監督、本当にありがとうございました!

2018年6月10日(日)第10回どんと恋祭 ~結願~

2018年6月10日(日)、さぬき市のツインパル長尾にて、第10回どんと恋祭~結願~が盛大に行われました。記念すべき第10回目のテーマは「結願」(けちがん)。「結願」とはお遍路文化の言葉で、四国八十八ヵ所霊場を全て巡礼し終えることで、八十八ヵ所目で煩悩がなくなり、願いが結ばれるという意味から来ています。この「結願文化」を広めることで、東讃地域の活性化に繋げたい、その想いからこのテーマとしました。梶剛様をお招きしての「結願!遍路恋トーク」では、お遍路文化、結願文化について発信することができました。メインブースでは、沢山の参加者の方々にご協力頂き、お遍路さんの衣装で写真を撮り、お遍路さんへの応援メッセージとともに貼り付けた「結願!応援パネル」の作成を実施しました。午後3時から雨が降り出し、実施できなかったコンテンツもありましたが、税金ウルトラクイズ、ワンワンショー、獅子舞演舞、どんと恋マルシェ、スポフェス、手袋投げ大会、パターゴルフ等のイベントは盛り上がり、そして最後の花火大会も無事実施することができました。来場者の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

2018年8月6日(月) 2018年度第2回通常総会

2018年8月6日(月)、東かがわ市交流プラザにて、2018年度第2回通常総会が行われました。今回の総会には、東かがわ市長藤井秀城様、さぬき市長大山茂樹様をはじめ、地域で活動されている同世代の団体として、東かがわ市商工会青年部、公益社団法人大川法人会青年部、日本手袋工業組合青年部、そして東かがわ青年会議所のシニア会からもご臨席頂きました。総会の中で2019年度の組織図が承認され、東かがわ青年会議所2019年度が産声をあげスタートしました。2019年度理事長予定者である藪内健二君をはじめ、役員予定者一人一人から決意表明としての挨拶がありました。また総会後の例会では、新入会員認証式が行われ、定住加奈君と大津勇吾君が新入会員として迎えられました。これから共に活動できることを楽しみにしております。ご来賓の皆様、お忙しい中、ご臨席賜り誠にありがとうございました。



昨年の活動報告

2017年度第一回通常 2月15日

さぬき市の大川オアシスにて2017年度第一回通常総会が開催されました。

2017年3月13日(月)3月公式訪問例会

三本松ロイヤルホテルにて、香川県内6LOMから多くのメンバーの皆様にお越しいただき、パネルディスカッションを行いました。
東かがわ市長、さぬき市長をはじめといたします両市の行政関係の皆様お忙しい中ご協力いただきましてありがとうございました。
参加頂きました6LOMメンバーの皆さまやゲストの皆さま誠にありがとうございました。

3月公式訪問例会がかがわ経済レポートに掲載されました!!

0000459195.jpg

5月例会

プレッソ古川にて5月例会事業
公益社団法人東かがわ青年会議所・東かがわ青年会議所シニア会2017年度5月合同例会が行われました。
四国地区大会、記念事業であるどんと恋祭についての説明や協力のお願いをさせていただきました。

6月例会 東かがわ青年会議所家族会

0000486072.jpg
2017.6.4
東かがわ青年会議所6月例会が開催されました。
6月例会はメンバーの家族やパートナーとともに参加し家族間でも親睦を深められるようにと、入会3年未満のアカデミーメンバーが中心となり企画、運営を行いました。
今年の家族会は~地元で触れる動物体験~と題して、地域にある観光名所である
日本ドルフィンセンターにてイルカと触れ合いました。
そして大山牧場に移動し動物たちと触れ合った後に交流を深めるために他己紹介などを行いながらバーベキューを行いました。
地元であり、知っているのだが実際に行ったことがないという方が多く、非常に賑やかで楽しく行われた家族会となりました。

2017年四国地区大会東かがわ大会 記念式典

2107.7.15
徳島文理大学 香川キャンパスにて四国地区大会東かがわ大会記念式典が執り行われました。
式典の中では大会旗を2018年度四国地区大会の開催地に見事選ばれました徳島青年会議所へ伝達することができました。

当日は多くの来賓の方にお越しいただき、また、ご祝辞をいただき誠にありがとうございました。

2017年7月15日(土) 第9回どんと恋祭~合言葉~

2017年7月15日に、東かがわ市とらまる公園にてどんと恋祭~合言葉~が開催されました。今回で第9回を迎えるどんと恋祭ですが、今回のどんと恋祭は、【地域に恋する】をテーマとし、オープニングでは長年愛され続けていたご当地キャラ手袋マンのリニューアルを発表し、キッズと一緒に踊ったりと賑やかなスタートとなりました。
オリンピックに向けてプロスポーツ選手と触れ合うスポーツチャレンジや、公式種目として現在注目の集まるスケートボード、そして第3回を迎えた獅子舞カーニバルでは、多くの獅子舞連の皆さまにご協力頂き、来場して頂いた皆さまに地域の伝統を発信する事ができました。 その他にもどんと恋マルシェや税金ウルトラクイズ、出張動物園、大花火大会など盛り沢山な1日となりました。 最後に今回のどんと恋祭は関係者の皆さまの熱い想いのもと、無事延期開催する事が出来ました。来場者の皆さま、関係者の皆さま本当にありがとうございました。

2017.8.19~8.20 とむソーヤキャンプ

2017年8月19日(土)~20日(日)にかけて、東かがわ青年会議所恒例のとむソーヤキャンプが行われました。本年のとむソーヤキャンプは子供たちの愛郷心を育むことを目的として地元で行われました。
ベッセルおおちにて流しそうめん体験を行ったり旧多和小学校にて天体望遠鏡を作成しました。2日目には引田城跡を歩き、終了となりました。
ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました地域やボランティアの皆様ありがとうございました。

10月例会 四国地区大会の想いを繋ぐ事業

2017.10.16
三本松ロイヤルホテルにて10月例会が開催されました。
四国地区大会の想いを繋ぐ事業~誰もが夢を描ける四国を共に創るために~
と題し本年度四国地区大会主管LOMとして次年度主管LOMである徳島青年会議所へ襷を繋げるような例会を行いました。
四国地区協議会副会長・中西渉君、四国地区協議会 財政審査会議議長・野口和範君、そして北島理事長をはじめとする徳島青年会議所の皆様にご参加いただき、四国地区大会を終えて問題点やよかった点のプレゼンを実行委員長であるウルフ浦上が行い、財政面を野口議長より解説いただきました。
最後には我々の想いと四国地区大会のデータの入ったUSBメモリーが2018年度四国地区大会実行委員長予定者である水主君にウルフ浦上より受け継がれました。中西副会長からの総評では地区大会を成功させる秘訣などお話をいただきました。

遠方よりご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました

2019年度スローガン

  『日々刷新』


~自ら変わろう、
変化を迫られる前に~

モバイルサイト

公益社団法人東かがわ青年会議所スマホサイトQRコード

公益社団法人東かがわ青年会議所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

公益社団法人
東かがわ青年会議所事務局

〒769-2402
香川県さぬき市津田町鶴羽2764番地3
TEL:0879-42-2911
FAX:0879-42-2922