公益社団法人東かがわ青年会議所
Junior Chamber International Higashikagawa

東讃地域の地域活性化や青少年育成等の公益活動を目的とした運動を展開しています。
「持続可能な開発目標(SDGs)」を推進しています。

  • 長町 雅人

HOME ≫ 理事長メッセージ ≫

皆様へ。理事長からのメッセージ

はじめに

 「地域が衰退している。」近頃よく聞くフレーズですが、なぜ私達は地域が衰退していると感じるのでしょうか。全国的な問題として人口減少や少子高齢化、生産年齢人口の減少やそれに伴う厳しい財政事情など大小様々な問題があります。私達が住み暮らす東讃地域においても今後人口減少が進めば、生活に必要なサービス業の縮小や行政サービスの低下、地域交通網の脆弱化、空き家・空き店舗・耕作放棄地の増加など様々な課題が懸念されており、実際に私達の身の回りに表面化してきています。しかし「このままではいけない、何か出来ることがあればやらないといけないのではないか」そのような想いを抱きつつも、我々を含めた多くの市民は課題解決に躊躇してしまっているのが現状ではないでしょうか。
 では地域を守っていく為には、人口減少や少子高齢化の対策を行っていく他に何が必要になってくるのでしょうか。私の導き出した1つの答えは「挑戦する心を持つこと」です。地域を考え積極的に果敢に挑戦する人が増えれば、たとえ人口が増加しなくとも必ず地域社会は活発になり魅力的な地域を取り戻せるはずです。そして地域の未来を担っていくのは、今を生きる若者です。私は人口減少の理由に挙げられる「若者の地域からの流出」の原因は、若者が地元地域に愛着を持っていないからだと考えていました。しかし2017年に我々が行ったアンケートでは、東讃地域の若者の約9割が「地元が好き」という結果がありました。東讃地域にいる若者は、地域の事を想っているのです。足りないものは地域に貢献する行動を起こす為の「もう一歩」を踏み出す勇気なのです。地域の衰退から脱却するには、一歩踏み出すことに挑戦する若者が1人でも増えることであり、私達若者は踏み出す力を必ず持っていると私は確信しています。未来の地域を担っていくことのできる挑戦する心を持った若者が溢れる町に、地域の衰退を感じることはもはやないでしょう。
 2020年度東かがわ青年会議所は「地域を担う若者の拡大」に向かって歩みを進める事を目的とし、明るい豊かな地域に繋げていく事業を進取果敢に展開して参ります。

 


 

未来を担う若者と共に行う地域活性化運動

 どんなに難しい目標であっても、僅かな可能性があるのであれば実現を信じて前向きな気持ちを持ち続けることが重要です。そして、どうしたらできるのかを考え行動する思考回路と実行する行動力が大切であり、多くの仲間を巻き込んでその目標の実現に向って全員が一丸となって果敢に突き進んでいくリーダーシップを持った人材が増えることで、地域はより活性化されていきます。
 どんなことでも初めて挑戦する時には、不安や躊躇いが必ずつきまといます。しかし、いざ取り組み始めれば多くの新しい発見と成功した時の達成感を経験することができます。私達大人は失敗することを怖れ、挑戦することを避けていく選択を知らず知らずのうちに行っている人が多いのではないでしょうか。そしてその歩みは大人の背中を見て育つ子供達にも少なからず伝わってしまっていると私は感じます。そんな時代だからこそ、未来に向かって持続可能な地域の活性化を行っていく為に若者達に地域を想い挑戦する心を持って欲しいと、私は心から願っています。
 そのような想いを持った若者を育成するためには、まず今住み暮らす若者とこの地域をより深く知る事が必要です。彼らと共にこの地域の素晴らしいところを再確認しながら地域の抱える課題を理解する。そして自分たちならどのように地域を良くしていく事ができるのか、多くの仲間の協力を得ながら彼ら自身に積極的に解決方法を考えてもらい、この地域の可能性を見出す力を養います。その上で、若者たちが地域課題に真摯に向き合い具体的な解決方法を実行・経験することで自信に繋がり、地域課題の解決に向けた運動を発信できるリーダーシップを持った人材へと成長していきます。
 地域衰退から一歩踏み出せる地域の活性化を実現していくために、我々青年会議所は未来の地域を担っていく若者を1人でも多く育成する事業を行って参ります。

 

地域を担う若者へ成長するための資質向上

 青年会議所には自らの資質を高めることのできる機会が数多く準備されています。1つには、年度ごとに役職が替わる単年度制という制度があり、毎年与えられる新しい役職を積極的に全うしていく事で、普段の生活では体験できない経験を数多く積むことができます。
 また、日常では学ぶ機会が少ない自身の将来の見つめ方や課題の提議から解決するまでの方法、その他ビジネスにも役立つような様々な学びを得ることができる日本青年会議所公認のプログラムが数多く用意されています。これら以外にも、我々と志を同じくする他地域の青年会議所が行う事業に参加することで、我々が考えている地域貢献活動以外の課題提議の考え方や多種多様な解決方法を共有することが可能となります。
 我々自身が積極的に地域を担っていく若者となっていく為には、これらの恵まれた機会に進んで挑戦してくことが必要であり、また有効に活用していく事で自分の理想とする姿や目標を自ら見出し、そしてそれを実現することができます。我々は地域を担っていく若者へと積極的に果敢に成長していくことを目標とし、青年会議所という武器を最大限に活用しながら活動を行って参ります。

 

地域の活力となる会員拡大

 私は日頃からこの地域のリーダーの皆様に、この地域を活性化して頂いていると感じています。彼らはこの地域に雇用や地域のネットワーク、地域の活力を創造してくれています。これまで東かがわ青年会議所は東讃地域を担うリーダー達を数多く輩出して参りました。彼らは青年会議所で本気で地域と向き合い考え、地域をより良くする方法を様々な手法を用いて実践してこられました。先輩諸兄の多くは40歳を過ぎ卒業した後もその意志を燃やし続け、各諸団体などに積極的に参加されることでより多くの仲間を巻き込みながら、日々地域を担うことに尽力されています。
 このように地域の皆様と共に地域を担っていく仲間を増やすことこそが青年会議所の務めであり、地域が明るい未来へ一歩進むために青年会議所はあるべきだと私は考えます。私自身も青年会議所と出会うまでは、住み暮らす地域を想いながらも何をしていいか答えが出せず地域貢献とは無縁の生活を送っていましたが、青年会議所運動を行っていく中で、この地域がより明るい未来へ進んでいく為に尽力できていると感じます。想いのある若者と新たに運動を共に行っていく事で地域を担う若者を増やし、地域への恩返しを果たすためにも、我々は一丸となり会員の拡大に努めて参ります。

 

メンバーが一丸となって行う、香川ブロック運営及び出向者への支援

 今年度、東かがわ青年会議所は公益社団法人日本青年会議所四国地区香川ブロック協議会会長及び運営スタッフを6年の時を経て輩出いたします。青年会議所における出向は、東かがわ青年会議所での活動だけでは得ることのできない数多くの出会いと経験があり、これまでも出向により多くのメンバーが一歩踏み出した成長を遂げて参りました。出向してくれた多くの仲間の成長が当青年会議所の成長でもあり、東かがわ青年会議所の成長は東讃地域がより明るい未来へ進んでいくことへの更なる貢献になると確信しています。我々は、出向してくれたメンバーが設営・構築してくれたブロック事業へ積極的に参加することで、東讃地域での活動から一歩踏み出した出向者を心から支援して参ります。
 

先輩諸兄と想いを繋ぐ創立35周年行事の実施

 本年、東かがわ青年会議所は、「昭和」・「平成」の時代を乗り越え「令和」という新たな時代に突入し創立35周年を迎えます。我々はこの節目の年を迎えるにあたって創立宣言文にもあるように、明るい豊かな地域社会実現のために積極的に果敢な挑戦を今まで以上に行っていかなければなりません。経験の少ないメンバーが増えてきた我々が、これまで地域の為に尽力されてきた先輩諸兄と共に35周年の節目を迎え、先輩諸兄が地域で築き上げてきた歴史を改めて心に刻み込むことで、東かがわの郷土を愛し同じ理想に燃える熱い意志を共有して参ります。そして、地域の推進力となる次代の旗手となるべく更なる一歩を踏み出し、我々自身が地域を担う青年となって参ります。
 

さいごに

 親として我が子を見つめた時、この子に無限の未来が見えます。これからの人生が長いという理由からそう感じてしまうのでしょうか。しかし私達は日常の生活の中で、知らず知らずのうちに挑戦することを避け、明るい未来への目標を見失っていないでしょうか。
戦後、悲惨な状況下の中から先人たちは様々なことに果敢に挑戦し、今日の繁栄を築き上げました。そこには幾多の苦難と壮絶な背景があったはずです。では今の我々が置かれている状況はどうでしょうか。2015年に国際連合では持続可能な開発目標(SDGs)を定め、2030年までに地球上の誰一人として取り残さない持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットを明確化し、日本でも導入が進んで参りました。日本青年会議所においても2019年度からこのSDGs達成に向けた運動を推進することを宣言し、東かがわ青年会議所もその想いに賛同し活動を行っております。ここ東讃地域では人口減少や少子高齢化などを起因とした様々な地域の課題がありますが、SDGs達成に照らし合わせ運動を展開していくことで必ず乗り越えていくことが可能です。そして乗り越えていくには積極的に挑戦する心を持ち、果敢に一歩を踏み出していくしかないのです。その力を我々は必ず持っています。そして、地域の課題解決を積極的に考える若者が増えると課題解決に向けた運動が必然的に始まり、多くの町の人を巻き込んで地域の課題はどんどん解決されていくことでしょう。そこには活気に満ちた人々が集い、暮らしやすい地域が構成されているはずです。
 我々自身が、我々の周りの人々が、そして我々の住み暮らすこの地域がこのような明るい未来へ進んでいくために、自分自身の中の秘めたる力を信じて、共に地域を担う若者への第一歩を進取果敢に踏み出そうではありませんか。

 

自分の持てる力を信じて、踏み出そう未来への第一歩

2020年度スローガン

『進取果敢』
~自分の持てる力を信じて、踏み出そう未来への第一歩~

2020年度スローガン

  『進取果敢』


~自らの持てる力を信じて、
踏み出そう未来への第一歩~

モバイルサイト

公益社団法人東かがわ青年会議所スマホサイトQRコード

公益社団法人東かがわ青年会議所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

公益社団法人
東かがわ青年会議所事務局

〒769-2402
香川県さぬき市津田町鶴羽2764番地3
TEL:0879-42-2911
FAX:0879-42-2922