公益社団法人東かがわ青年会議所
Junior Chamber International Higashikagawa

さぬき市・東かがわ市の地域活性や青少年育成等の公益活動を目的とした運動を展開しています

  • 0000444841.jpg
  • 0000445302.jpg
  • 0000345681.jpg

HOME ≫ 理事長メッセージ

皆様へ。理事長からのメッセージ

はじめに

0000435864.jpg

人口減少の原因のひとつとして、生産年齢人口の転出超過数が挙げられます。我々が運動を展開しているさぬき市・東かがわ市では生産年齢人口が減少し続けており、今後も同様に推移していくと見られております。これは、若者がこのまちで住み暮らす未来を見出せていないからではないでしょうか。今我々がすべきことは、彼らが明るい豊かな未来を描くことができる地域を創ることです。そのためには、まず我々がこのまちのために能動的に取り組み、地域の皆様に共感していただけるおもしろい事業を構築しなければなりません。地域と青年会議所がひとつとなり、人口減少の一途をたどる現状に歯止めを掛ける運動が必要です。

全会員がまず成長して取り組む会員拡大

明るい豊かな未来を実現するには、より大きな組織となって英知を結集し、運動を拡げていく必要があります。そのため、会員拡大は我々とこのまちにとって由々しい課題ですが、ただ会員を増やすという目的で安易に取り組んではなりません。このまちを想う青年会議所の素晴らしさを理解していただくために、全会員が各事業目的達成に向けて能動的に計画・実行し、その経験を熱く語れる人間へと成長します。そして、青年会議所について理解されたうえで我々の事業にも参加をしていただき、想いがより伝わる会員拡大に取り組んでまいります。

20年の時を経て主管する四国地区大会の実施

1997年、東かがわ青年会議所は四国地区大会を主管しました。それから20年の時を経て、再び我々の地で開催することとなります。まずは、四国地区内のLOMを結集するために、各地会員に向けた本大会への参画意識が高まる広報活動を展開します。そして、四国の経済再生への可能性を拓くために、地域課題解決に向けた新たなイノベーションを生み出す記念事業を実施します。さらに、四国地区協議会が本年度から次年度へと襷を繋ぐために、本年度運動の集大成の場として共有を図り、次年度四国地区協議会会長並びに四国地区大会主管LOMを発表する記念式典を開催します。また、東かがわ青年会議所が組織として飛躍的に成長を遂げるために、主管LOMとして選出されたことを絶好の機会と捉え、計画から次年度主管LOMへの引継ぎまで一体となって取り組んでまいります。

芯まで伝わり拡がるどんと恋祭の実施

どんと恋祭は単なる賑わい事業ではなく、地域と真摯に向き合った運動です。このまちの活性を願う我々の想いを実現するには、関係者や来場の皆様に各コンテンツを企画するに至った背景や目的が自然と伝わり、共感を生む設えを施すことが重要です。そして、誰もが笑顔で活気あふれる地域を創るために、やって良し・来て良し・地域良しの「三方良し」を念頭に置いたドンと地元に恋するまつりを開催します。また、コンテンツの中には過去から継続して実施するものがあります。本来伝えるべき意味合いを損なうことなく、これまでとは別の視点から新たな魅力を引き出し、他所に語りたくなる地元創りに取り組んでまいります。

このまちと未来を描く青少年育成事業の実施

新しい情報が溢れる日々の中、子供たちは住み暮らす地域の文化や社会について周りから伝え聞いているのでしょうか。子供たちが地域を担っていく青年へと成長するには、まず他所にはないふるさとの魅力を学ぶ機会が必要です。そして、子供たちがこのまちで住み暮らす未来を描くために、普段教わることのない地元での体験を通じて、ふるさとへの誇りと感謝の気持ちを育む青少年育成事業の実施に取り組んでまいります。

職育プロジェクトの検証と提言

東かがわ市・さぬき市は、業界で高いシェアを占める製造業や豊かな瀬戸内海東部の播磨灘で営む漁業をはじめ、全国にも誇れる産業が沢山あります。しかしながら、その魅力が地域の皆様に認知されていないことから「地元には就きたい仕事がない」という現実とのボタンの掛け違いが生まれ、生産年齢人口の転出に至っていると考えます。そこで、我々は「職育プロジェクト」と銘打って、年少者がこのまちの企業を強固に記憶する政策を確立します。そして、実際に検証したうえで自治体へと提言し、地域を担っていく若者の転出数減少を目標に取り組んでまいります。

能動的な運動の情報発信

我々は、明るい豊かな未来を実現するために様々な事業を計画し、懸命に取り組んでおります。但し、どんなに素晴らしい事業であっても、当日に実施するだけでは地域の皆様に伝えきることはできません。能動的な運動を活かすには、これまでの広報活動に加え、報道機関を通じての情報発信が必要です。我々の運動を広く発信することで人々の耳目を集め、地域に波及的影響を与える広報活動に取り組んでまいります。

さいごに

私がスローガンに掲げる「おもしろいこと」は、自分よがりでも人の好みや世の流行りに合わせるでもなく、人や地域のためになることでなければなりません。それが何なのかを探し当てるまでは妥協せず、自分自身とじっくり向き合っていただきたい。そこから導き出される計画を信じて伝播すれば、必ずや人々の共感をもたらし、その好循環から生まれる運動は地域をより良くするための最も有効な手段であると私は堅く信じております。青年が描く素晴らしい軌跡とこのまちの明るい豊かな未来を結ぶ1年とするために、皆で走り抜けよう。このまちのために、おもしろいことをやろうじゃないか。

2017年度スローガン

おもしろいこと、やろうじゃないか
~このまちの明るい豊かな未来のために~
お問い合わせ

2017年度スローガン

  おもしろいこと、

やろうじゃないか  

~このまちの明るい豊かな未来のために~

モバイルサイト

公益社団法人東かがわ青年会議所モバイルサイトQRコード

公益社団法人東かがわ青年会議所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 香川ブロック
  • 四国地区
  • JCI
公益社団法人
東かがわ青年会議所事務局

〒769-2402
香川県さぬき市津田町鶴羽2764番地3
TEL:0879-42-2911
FAX:0879-42-2922